人生を楽しんでますか?あたおまさん
*
ホーム > ピックアップ > トレードの価格

トレードの価格

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は二国間の通貨をトレードして利益を稼ぐ投資です。

トレードの価格は、常に変化しています。

それが為替相場です。

 

テレビのニュースをみていると、通貨のマーケットのニュースが流れる場合があります。

よく見かけるのが、「ドル円は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で注文されているという事を意味するのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを提示しています。

 

別の言い方をすると、売り買いには買いと売りの値段が存在する事を示しています。

 

売値のことをBID、買値のことをASKと表現しているFX業者も存在しています。

 

普通は売値が買値よりも低い値段に設定されています。

 

自分が買値は高く、売値は安くなるはずです。

その差をスプレッドといいFX取引会社の利益といわれています。

スプレッドの幅はFX業者によって違います。

 

スプレッドは自分自身にとって負担になるので、狭い取引会社をセレクトするほうが儲けられます。

ただ、同じ業者でも局面によってはスプレッドの広さは拡大したり、縮小したりします。

 

例えば平常時は円とドルの通貨ペアでたった1銭のスプレッドの幅とは言っても市場の上下動が激しい場面では1銭よりも大きくなったりします。

 

ですから、スプレッドの幅が狭いのと変化しないのが大切です。

 

この頃では固定でスプレッド幅を提示する業者も数多く存在しています。

 

リアルに取引業者の注文画面の中で現実のマーケットを調べなければ区別できないので手間がかかりますが、肝心な事です。

多くの投資資金を投入してエントリーをするわけですから、実際の売り買いの前に、魅力的に思えたFX取引会社の取引するための口座開設をして表示されているスプレッドの差を知っておきましょう。

 

同じ通貨ペアでもその時点の為替相場の変動率(ボラティリティ)によって、通貨のスプレッドの広さは異なります。

たいがい、インターバンクマーケットで売買高が多い通貨の組合せではスプレッドの幅が狭く他の通貨ではスプレッドの差が広くなるのが普通です。

 


関連記事

弁護士になりたい
子供のころの夢は?と言えば、男の子ならサッカーや野球などのスポーツ選手から、警察...
八丁堀駅周辺のホテルが穴場な理由
東京に住んでいる人にとっては当たり前のことでも、地方の人にはあまり知られていない...
痩せないと妊娠と勘違いされます
スリムボディ効果が望める秘訣はどのようなアプローチがあるのでしょうか。 &nbs...
トレードの価格
「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は二国間の通貨をトレードして利益を稼ぐ投資で...