人生を楽しんでますか?あたおまさん
*
ホーム > ニュース > 手汗だったと知らず驚いた

手汗だったと知らず驚いた

手汗だったと知らず驚いてしまった経験について書き留めてみました。
大学生時代の話です。
入学式で出会った人と、とても急速に仲良くなり、勉強も一緒、プライベートも一緒で毎日毎日過ごしていました。
2人とも割と勉強熱心だったので、お互いのノートを交換したり、参考資料などを交換したりしていました。
ある時、ふと気づきました。
その子に貸した本や、ノートがいつも一度濡れたあと、乾燥したようにベラベラになって帰ってくるのです。

その時は「お風呂で読んだのかな。」と思い、別に大切に保管する物でもないので放置していました。
またある日、友達の家に泊まりに行くと、部屋中に沢山のハンカチが干されていました。
きっと綺麗好きで、いつもハンカチを何枚も持ち歩くんだなと思いました。
しかし、テストの日の事です。
友達の机の上には、テスト用紙と、沢山のハンカチが置いてありました。
そして、テストを終えて、提出する際にテスト用紙がびっちゃりと濡れていたのです。
友達に不思議になって聞いてみると、なんと手汗で、用紙が濡れたの事でした。
そうなんです、友人は手汗がすごく出る人だったのです。
それで貸した本がビラビラになる理由も、部屋中にハンカチが干してある理由も解りました。本人は恥ずかしくて、なかなか言えなかったそうです。
気にすること無いのにね。
そして、興味津々で友人に見せてもらいました、手のひらを。
すると、見られていると緊張したのか?友人の掌からは次々と汗の玉が湧いてきました。
私は驚きと、感動を友人に伝えました。
すごい個性的。その子とは卒業後もお付き合いがありますが、今でも手汗がすごい。と時々、話題になります。
手汗をかく瞬間